Home –  toraripi – クーポン券のコピーはコピー不可の記載がなくても注意!

クーポン券のコピーはコピー不可の記載がなくても注意!

クーポンにコピー可と記されていなければコピーでの使用はやめましょう!

2016年5月29日(日)

みなさんの中にもお店や商品のクーポンをコレクションにしている人はいるでしょう。
かくいう私もクーポン大好き。
一番多いのは飲食店関係のクーポンで、ジャンルごとに分類して集めています。
この間は初めて行くレストランでしたので、お試し価格で中華のコースを堪能できました。
使い方次第で経済的だし、行動範囲も広がります。

ところで、このクーポン、皆さんは正しく使っているでしょうか?
クーポンは金券に相当しますから、無断でコピーして使用した場合、有罪になる可能性があります。
「クーポンのコピー不可」と記載があるのにコピーして使ったら、立派な「私文書偽造、行使」で違法行為。

もちろん「クーポンのコピー可」と明記されていれば合法性があるので問題なしです。
ただし、こうした記載がないクーポンに関しては、基本的に「コピーは不可」と考えましょう。
クーポンに「コピー不可」と注意書がなくても、「クーポンを切り離して使ってください」と記されていればコピーは×。コピーが有効かどうか不明な場合は、発行元に「コピーでの使用が可能か」確認を取るようにしてください。

また、ネット上で「クーポンの発行」を行う場合は、プリントアウトしないと使えませんからコピー可です。
ネットのクーポンの場合、印刷をして使用することが通常、明記されています。

最近は携帯やスマホのクーポン画面を見せて使うものも増えてきています。
種類も豊富でとても便利なクーポン。
せっかく使うのなら、正しい方法で気持ちよく使いたいですね。


当ブログはブログランキングに参加しています。
少しでもお役に立ちましたら以下クリックいただけますと幸いです。
  にほんブログ村 政治ブログ 法律・法学・司法へ     ブログランキング  
クリックお願いします
当ブログはブログランキングに参加しています。
少しでもお役に立ちましたら以下クリックいただけますと幸いです。
  にほんブログ村 政治ブログ 法律・法学・司法へ     ブログランキング